読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペパーミントな昼下がり

面白い人生に必要なものはスパイスのような日常の一コマ

過去を振り返って今を生きる

うちはなかなかに小難しい家庭に育っている。

父は私が小2の時に不倫をしていたのがバレ、小3の時に別居。

別居する最後の後押しをしたのは「どうしてお母さん、お父さんがいると笑わないの?」と投げかけたから。

そういや相手の女から「お父さんが病気だからたすけてあげて」って別居先のアパートに名乗らない手紙が届いたこともあったっけ。

小6の11月11日に離婚成立。

なぜ日付を覚えているかというと父が自分の車のナンバープレートと一致させて何かの記念日にしようとしたから。

 

そしてある時を境に、毎晩男の人から家の電話がかかってくることになって、

母に相手ができたことにいつの日にか感づいた。

その人は私が大学生になって地元を離れるタイミングで、母と再婚し、家を建てた。

 

その後大学生活を謳歌しているうちに、

実の父と義理の父が相次いでリストラに遭い、母が一家の大黒柱として働いている。

今もなおそれは続いている。

男の人は、一度折れてしまった心を立て直すことが難しいようだ。

 

今となってはどうでもいいことだけれど、

再婚した家庭というのは居心地が良くない。

自分と母親の二人だけで過ごした時間はもう帰ってこなくって、

新しい家庭にお邪魔することが「帰省」になっている。

それが苦痛で、父の家に泊まりに行くことの方が多い。

父の家なら、黙っていても本を読んでいてもスマホを触っていても許される。

息苦しさがないのだ。

 

忙しかった母に甘えることもあまりできなくて、

普通の家族関係も上手に形成できず、

母には「支配下に置かれている」という意識が抜けないまま大人になってしまった。

こんな性格を持ち合わせてしまって、今後家庭を持ったりできるのか、不安で仕方ないし、家庭を持たない方が相手に対して誠実なんじゃないかって考えたりする。

 

周りの友人たちはしっかりと大人になって家庭を持ったり社会人として立派に活躍している中、私はいつまでも薄暗い部屋の中でうずくまっている。

一人に慣れてしまった今誰かとつながることは面倒だと思うことが強いし、継続させられるのか不安ばかり出てくる。

だったら今のままでいいんじゃないかって考える。

それでも、何かを支えとしたい、誰かの支えになりたいって気持ちは心のどこかから湧き上がってくるから、不思議なもの。

 

もっと普通の大人になりたいだけなんです。

もっと普通の人間関係を築きたいだけなんです。

ちゃんとしたいんです。

 

できるかな。

今年は適度に甘え、適度にストレスを発散し、前向きに生きられるかな。

努力しきれない私だから、もっと頑張らないと。

ストレスの波にさらされて28歳

年末に仕事で重大なミスを起こしてしまい、

自分を責め続けて1週間以上かけた結果、

一通り済んだあとにヘルペスと月経過多を引き起こしてしまいました。

 

確認不足であってはならないことを起こしてしまったのは事実。

ですがやってしまったことはどうにもならないので、

うまく気持ちを切り替えて前を向かなくてはなりません。

それができないくらいに、自分が情けなくてしょうがなかったのです。

 

ここまで素直に体調に現れるようになってしまったのは、

やっぱり年齢なのかなと感じています。

過剰なストレスは体に対して本当に悪影響でしかないです。

せっかく落ち着いてきた憂鬱感もまたぶり返してきてしまいました。

※これは、安心したことで反動がきたのだと分析しています。

 

明日、婦人科の定期通院なので、相談をしてこようと思います。

ありがとう世界に一つだけのSMAP

昔から、人よりタイミングがずれている方だった。

それは何かに気づくときだったり、嬉しくなる時だったり、悲しい時だったり。

沸点だけは人より低いみたいなんだけど。

ひとつ印象的なのは、小学4年生のとき副担任だった好きでもない先生が転勤する時、帰宅してからわあわあ泣いたこと。

好きじゃないけど嫌いでもなくて、なんとなくみんなが泣いた後寂しさが降ってきたんだと思う。

 

そんな感じで最後のSMAP×SMAPが終わった今、私は泣いていた。

予定があって帰宅したのは22時半、かつインスタントの蕎麦を食べながらSMAP28年の奇跡を見た後「世界に一つだけの花」を聴き始め、中居くんにじーんときていたのに、涙がこみ上げてきたのは幕が下りた後だった。

多分テレビを見ている人たちは、歌の最中から泣いていたんだろう。

 

1988年にデビューして28年間活動してきた彼ら。

私が生まれた時にはすでにお茶の間にいて、物心ついた時にはSHAKE SHAKEブギーな胸騒ぎしてて、初めて知ったジャニーズだった。

SMAPのいない人生なんて知らなかった。

番組が終わった今、なんだかぽっかりと胸に穴が空いた気分。

 

もちろんそこまでファンになったことはなくて、普通に好きってくらいだったんだけど、日本の大半の人がそうだったと思うし、かつ「ジャニーズ」というバックグラウンドがあっても男女問わず愛されているグループってそうはないよなあと振り返る。

ほんとすごいことなんですよ。

 

じわじわ悲しみが襲ってくる。

アイドルに永遠はないこと。

始まりがあるものは、いつか必ず終わりがくること。

そして、終わったものが再度始まるとは、限らないこと。

だからこそアイドルは美しく、魅力ある存在だということを改めて思い知らされた。

 

また5人に出会いたいと心から思う一方で、本当にお疲れ様とも思う。

ありがとうSMAP、たくさんの歌と元気と愛をありがとう。

 

私は今追いかけている存在を、愛し続けます。

いつか終わるその日まで。

 

追記

先日のBIGMAMAクリスマスライブで、夜空ノムコウをカバーして演奏してくれたこと、とても感謝しています。ありがとう。SMAPは多くのアーティストに影響を及ぼす存在だったんだと思う。

Dear.

今年は色々あった。

いきなり担当が昨年辺りからメディアに推され始め、露出が増え、ついには朝の顔にもなり某誌面では表紙を飾った。

そう、彼の名は伊野尾慧。Hey!Say!JUMPのいちメンバーであり最近何かとお茶の間の女子達を賑わせている男だ。

 

わたしがちょうど好きになったのはNEWSさんに夢中になったあとだったから2013年の夏あたりかな。

あの頃はまだ端にいて、見切れ要員なんて言われてた伊野尾さん。綺麗に無邪気に永遠にそこにいるのかと思ってた。

 

ところがいつの間にかカラフト伯父さんしたり、なるようになるさしたり、書店ボーイになったり、最近じゃそして誰もいなくなってなかなかの演技力を見せつけている。

メレンゲも泡立ててるし木曜日はめざまししてくれる。来年はピーチガールでモテ男。大出世じゃないか。

 

そんな中、今年は2件もスキャンダルが発覚した。

立て続けに。

そりゃアイドルといえどもひとりの人間だし、支えてくれる人がいたら仕事もイキイキするだろうくらいに思ってる。

だけど、その油断を見せてしまった甘さと、緩慢さには、どうしても憤りを隠せなくて。

怒りはなかったけど、虚しいっていうか、悲しかった。

 

改めていたジャンとか見てると、やっぱりかっこいいな、好きだな、こういうニュートラルな姿勢が好きなんだなって思う。

もともと音楽好きなのでHey!Say!JUMPとしての楽曲も大好きだし、この先彼を嫌いになることは決してない。

それでもこの2回は、相手と状況が悪かった。

10周年に向けて飛躍に向かうグループにとって足枷にしかならないネタを提供してしまった。

そのおかげでだいぶ気持ちが冷めた。

 

済んでしまったことは仕方がないとしか言えないし、今後のファンサとか態度で示していくしかないんだろうけど、相当ネガティブな印象をファンに与えてしまった。

 

これから彼にできることってたぶん単純なことで、別に恋愛したって構わないから、それを感じさせない、撮られないことしかない。

アイドルは商品。消費されるもので、その価値は好きな人にしかない。旬が過ぎれば飽きられていく儚い存在。

だから、輝ける時に輝いて下さい。

私たちに夢を見続けさせてください。

 

とりあえず今回の件で心が離れてしまったので、ファンクラブの更新はこのまましないし、年末のコンサートも行かない。ギミラは予約キャンセルできないからこのまま買う。

大事な仲間と応援してくれるファンと、周りの支えてくれるスタッフ達を裏切らないように、アイドル伊野尾慧としてまた頑張ってくれるといいな。

 

今日の君は、明日の君は、笑ってますか?泣いてますか?

僕の声、届いてますか?

・・・笑っていてください。

父ががんになったらしい(仮)

「送ったっていう宅急便が届かないんだけど?」と電話をしたら、

タイトルの話をされました。

びっくりしすぎて普通に受け入れました。

いつも通り、へえ、そうなんだ、ふーん、しか返せませんでした。

 

ごめんなさい父。あなたの娘は、27になっても相変わらず素直に心配することができません。

 

とりあえず、前立腺癌と診断名がつきそうなので、

調べてみました。

 

ステージCの予想らしいので、5年生存率は83%とのこと。

そこそこ生きられそうです。

前立腺癌は、進行の遅い種類で、末期になる前に寿命を迎えることも少なくないそうです。

 

ちなみに現在、本人に自覚症状はほとんどなく、毎日モスバーガーで読書をし、スイミングに通っています。

毎晩2〜3時まで撮りためた録画を見てこたつでうたた寝をして、たまにのそのそとベットに向かい短時間睡眠をしています。

大学生か。

 

そこまで元気なら特に心配なさそうですが、

話を聞いて自分のこれからの生き方をすぐさま考えました。

父の介護を想定して地元に帰る?

今転職することも考えてたけど、現職のままリモートワーク制度ができるのを待つ?

それより何より、父が亡くなる前に結婚して、孫を抱かせてあげないとじゃない?

あと、これが一番大事で、いつの間にか出来なくなっていた「笑顔」を父に向けてあげるべきじゃない?

 

・・・思いは尽きなくて、今までしてこなかったことに対して後悔が生まれて、

久しぶりにお風呂で自然と涙が出てきました。

私はいつも後から悔やむ事ばかりしている。

特に親に対してはそうで、いざ「ああ死ぬかも」って思わないと、大事にできないものなんだなあと振り返りました。

 

今後正式な告知を受けることになるのだと思います。

そんな時、なるべく支えてあげられるように近くにいようと思います。

娘は私しかいないし、たぶんそうするのがベストなんでしょう。

 

気が動転してちょっと寝つきが悪そうですが、

舟を編むでも見て寝ることにします。

 

 

とりあえず少しでも長く生きてください。

そして届かない宅急便は届いてください。

5年後私は何をして生きているだろうか

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

ボールペンとメモ帳に惹かれてしっかり乗っかっちゃう。

5年後の私よ、飽きずにこの場を使っていますか?

もしかしてブロガーなんて職業に就いてはいないですか?

ひょっとしたら、はてなで働いてやしませんか?

 

未来は誰にも見えないもので、今の自分が最も新しく、これからは自分自身が作り出す。

この言葉を胸にずっと生き抜いてほしい。

できることなら、バリバリ働いて、稼いだ分は、しっかり貯金しておいてください。

今お金なくて困ってるでしょ。覚えておいてねこの感覚を。

それから、彼氏もしくは旦那を一回は捕まえておいてください。

なんだかんだ一人は寂しいもんですよ。

一人ご飯を作って食べるのもいいけど、5年後はさすがに誰かのためにご飯を作っていてほしいな。

 

今は営業やりたい!事務?内勤?太るからやだーとか言ってるけど、

どうなっているのかな。

未来の自分に会いに行ける仕組みは今現在も整ってないから、その頃にはひょっとするとあるかもしれないな。

自分に厳しく、他人に優しく、でも時々は自分のことも甘やかして、

魅力的な女性になっていてくださいね。

今から頑張りますからね。

 

5年後もはてなブログが大好きな居場所で、あり続けていますように。

実は結構はてなで働きたいです。

何ができるかなんてわからないけど、はてな好きです。

5年後もまたここで思いの丈をがーっと書き綴ることができたら、幸せです。

アニメ好きが集まる婚活パーティーに行ってきた話

昨日、アニ街コンの婚活パーティーに行ってみました。

緊張したのか無理をしたのか、帰宅途中から夜まで続く腹痛を起こしたんですけど

とりあえずどんな所だったのかレポしておこうと思います。

 

今回の開催場所は池袋。

うーんオタクが生息してそうですね。

実際、お話した人の中にはお住いが池袋の人もいたので、あーやっぱりって感じでした。

 

まず簡単な受付をして部屋に入ってみて、

「・・・なんか冴えない!!!」

今回のドレスコードが「清潔感のある服装」なんですが、

普段おしゃれし慣れてないんですかね。うん。なんかイメージと違う。

パーカーとか、ちょっと間違えたチャラ男風(チェーンとか付いてそうな感じ)とか、そんな人たちもいました。

せめてジャケットとか着てほしかったなーと。

 

淡い期待を捨てつつ、プロフィールシートを記入。

こんな感じです。

f:id:cinnamonmint14:20161107143451j:image

ちなみに、今回お会いした人たちの中だと好きなアニメはラブライブ物語シリーズ、三月のライオン、まどマギ少年マンガ系が多かった気がします。

 

男女向かい合わせに座って、スタート。

3分間の自己紹介タイムで戸惑いつつ、これが意外と時間短くて。この人どの人やねんってあとあとメモ不足に苦しみました。だって特徴みんな似てるんですよ。代わる代わる人は変わるのに。あと好みじゃない笑

 

それからアプローチカードを記入するお時間に。

ここで男女テーブルが分かれ、女子会が開催される。いやー楽。オタクの女の子は楽だなぁ。

で、「カード白紙で出してもいいかな?」なんて話が飛び出す。さすが女はえげつないです。私はとりあえず1枚だけカード書きました。

 

で、今度はアプローチカードを元に、お話したい人のところに自分から移動してフリートークタイム。

まずは女性→男性。

 

これが移動しないwwwww

みんな話したい人が思い当たらないのか、立ったまま困惑し、運営さんが気を利かせて男性陣を動かしてくれました。

その中で女子4人くらい固まって女子会になっちゃった人たちもいたな。うらやま。

 

興味なかったけど1人だけお話しましたが、やっぱり興味わかない。私ひどい。

その後もう2人お話して、連絡先交換タイムへ。

あとはたんたんと交換し、女子から先に退室。

帰りのエレベーターに乗り込んだ瞬間、

「疲れましたねー。」

アニメイト寄って帰ろう。」

「目の保養が欲しい。」

とそれぞれが話し出す、エグい女達・・・

 

いやでもこれが本音なんですよ多分。

みんな、なんだかんだお顔がいい人、TPOに応じてお洒落できる人が好きなんですよ。

日頃アイドルとか二次元とか見て目が肥えてるから、ちょっと「アニメが好きでー塩顔でーすらっとした細身のお兄さん来ないかなー」なんて思ってたりもするんですよ。で淡い期待は打ち砕かれるの。

結論、アプリとかで先にお顔を確認できた方が良さそうな感じがしました。1500円払って勉強させてもらった感覚ですね。

 

普通の婚活パーティーに行ったことがないのでよく分かりませんが、スタンダードな方が収穫はありそうかな、と思いました。

一概には言いきれませんが。

 

そんな感じで締めたいと思います。

やっぱり、綺麗なものが好き!